戦争の正義。

この記事は3分で読めます

こんにちは。

 

 
茂呂です。

 

 

最初にお伝えしておきますが、僕は戦争は大反対です。

人が人と争って人殺しをするなんて意味不明です。

という観点からお聴きください。

 

 
先日、とあるシンポジウムに参加してきました。

 

 

 

とある団体が、とある業界の質の低下を懸念して
認証システムを作ろうというもの。

 

 
具体的な団体名を出してしまうと、後々問題になりそうなので
ここでは伏せてお話しするので、抽象的になって
しまうかもしれませんが、ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

 

シンポジウムでは、その業界で活動している団体や
企業が登壇して現状の問題点や考えるところを
話されていました。

 

 

 

 

 
で、本題の認証システムの話ですが、
うーん。内容としては素晴らしいものだと思います。

 

 
業界の質の低下を防ぐために認証制度を設けて
各店舗なり従業員の質を一定以上確保していくというもの。

 

 

 

 

でもね、僕はこれって、誰かが認証するものじゃないと
思うんですよね。

 

 

 

なんていうか、お客様が蚊帳の外というか。。。

 

 
シンポジウムの中では、より良いものをより良い形で
お客様が選択できるようにするというような内容ですよ。

 

 
でもね、やっぱり蚊帳の外のような気がするんですよね。

 

 

 

どういうことかっていうと、結局サービス業なんてものは
業界的な急激な発展の後には、競争が起きて
良いところが残る。というのが当然じゃないですか。

 

 
発展の段階で、このシンポジウムのように芽を摘んでしまっては
いけないと思うわけですよね。

 

 
っていうより、誰が何を基準にして裁くの?って感じです。

 

 
発展段階では、そりゃ色々と問題はあるでしょう。
でも、そこからの競争による質の向上っていうのが
実はとても大事だと思っています。

 

 
なので、僕は後発の方たちにも150%くらい
教えてしまうわけですね。

 

 
っていうのも、ただの僕の意見です。

 

 

 

で、ですね。

 

 

 

やっぱりシンポジウム後の懇親会でも同様の
話題が多かったです。

 

 

 

■ 何を基準に判断するのか?
■ それは、各店舗の売りだったりするのではないか?
■ 職員の質っていうのは何を基準にするのか?
■ ふざけてやってるところなんてないよ(笑)

 

 
こんな感じでしたね。

 

 

 

結局のところ、正義の押し付け合いなんじゃないかなって
思うわけです。

 
この団体が良しとしているもの全てが
業界全体ではないわけですし、各店舗も自分たちの正義で
動いているわけです。

 

 
つまり、正義の押し付け合い。

 

 
戦争の始まりですよね。結局。

 

 
人が人を裁くなんて出来ないわけでして
結局のところ、この団体にも悪としている業者も
入り込んでいるわけですよ。

 

 

 

でも、排除何て出来るわけがないので、うーんって感じに
なっちゃいますよね。

 

 

 

ちょっと話がそれちゃいましたが、まとめ。

 

 
自分の意見を強く押し出すときにはそれなりの覚悟が必要。
ってことです。

 

 
自分にとっての正義が、相手にとっての正義とは限らない。
ということですね。

 

 
僕はここでよく失敗をしますので、是非あなたには
お伝えしておかないといけないなと思ったわけです。

 

 

 

 

特に、親は子に正義を押し付けますからね。
気を付けようっと。
あ、家族にもですけどね(笑)

 
PS.結局ショッカーだって、自分たちの正義を貫き通して
世界征服をしようとしているんですからね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 05.24

    教えを乞う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングお願いします!

メールマガジンにご登録しませんか?

ビジネスのこと、思想、思考、理念。これらをお届けするメルマガを発行しています。ほぼ日刊。
↓即登録










出版した書籍になります。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。