マインド誤解してない?

この記事は3分で読めます

やばい。

 

脳みそがスパークしそうですわ。

 

 

といいますか、遅くなってすいません!

 

 
ウェビナー観てました^^

 

いやいや、行きたかったIKEAに行って来たら
思いのほか遅い時間になってしまって
ラーメン食べて急いで帰ってきたら
ウェビナーの時間だったんですよ!

 
すいません!

 

っていうか、毎日ラーメンを食べても
太らない人たちの体の仕組みが知りたいです。

 

 
それはさておき。

 

 

やっぱり、情報発信。

 

 

情報発信バイブルが世に出て
情報発信をする人が増えるということは
とても良いことですね~

 

 

正直、面白い面白くないとかじゃないんですけど

 

 

読みたいメルマガは本当に少ないな~と思いますよ。

 
そもそも、活字を読むのがあまり好きじゃないので僕は(笑)

 
なので、もちろん文章を書くのもそれほど好きじゃなかったです。

 

今は、楽しくてしょうがなくなってきていますけどね。
僕は今、このメルマガ以外にもマインド系のメルマガを
書いているんですよ

 

 
でもって、それをまとめて書籍化して販売したりしてるんですけど

 

 
そっちでは、あまり稼ぎとかネットビジネスとか
突っ込んだ話ができないので、こっちは書いていて
本音が出せるというか、とても楽しく書いていますよ

 

って感じです。

 

 
僕のエゴに付きあわせているだけでごめんなさいね。

 

 

そうそう、それで何ですけど、

 

 

色々とコミュニティに所属したり、塾に所属したり
運営をお手伝いさせていただいたりしていますけど

 

 
最近本当に思うのが

 

 

マインド誤解してない?

 

 

ってことです。

 

 
僕はネットビジネス的マインドは好きじゃないです。

 
だって、マインドじゃなくて根性論が多いんですもん。

 

後ろを向くな、とにかく前へ進め。

 
みたいな。

 

これは、僕の中では完全に違っているんですよね。

 
本来マインドってのは直訳すると

 

理念

 
です。

 
つまりね、企業理念がないまま営業している会社なんて
ないですよね?

 

 
どんな小さな会社でも理念があるはず。

 

 

結局、転売などで稼げていたない人って
ここが「ない」人が多いなって感じているんですよ。

 
マインドね。

 
やれや!ボケ!

 
寝るな!かす!

 
って話はしていませんのであしからず。

 

 

要は、マインドがないってことは
理念がないってことになるんですよね。

 
何のための事業なの?

 
誰のため?何のため?

 
それが理念です。

 

これも結局、「誰に」「何を」になるわけです。

 

たとえば、僕の会社は

 
「最高のえがおをお届けします。」

 

って理念を持っているわけ。

 
つまりマインドだよね。

 

 

たとえ物販だとしても、そこがないと
ただの作業になるので、儲かるはずがないんですよ。

 

なぜ、その仕事をしているの?

 
その仕事は何のためにしているの?

 

その仕事は誰に向けてしているの?誰のためいにしているの?

 
そういったマインドメイクが出来ていないと

 

 
結局は自分が作業員になって

 
ひたすら作業を一生していくってことになるだけ。

 

ってな感じで、いつかこのテーマは
体系化していきたいなって思っています!

 
というか、そんな感じのテーマに
興味あったりしますか?

 
興味あるようでしたら下のURLをクリックしてください。
登録しておいていただければ、モニター参加って感じで

登録させていただきます。

 

 

といっても、来年なのかいつなのか。

 

どのタイミングで出来るかも現時点ではわかりませんけどね。

 

それでも、っていう変人さんはどうぞ登録を。

 
興味のある方はコチラ
⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uszoiy
ってな感じで、花金もまだまだこれから
張り切っていきましょうぜい!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 05.24

    教えを乞う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングお願いします!

メールマガジンにご登録しませんか?

ビジネスのこと、思想、思考、理念。これらをお届けするメルマガを発行しています。ほぼ日刊。
↓即登録










出版した書籍になります。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。